チョークアートは1990年にオーストラリアで生まれた比較的新しい芸術です。

カフェやレストランの看板・メニューボードとして登場し、

街の様々な場所で使われるようになっていきました。

お店やメニューを引き立て、

手書きならではの温かさで見る人を和ませてくれる存在として、

現在では広く知られています。

 

 

黒板に落としたパステルを指で延ばし、
美しいグラデーションを描いていきます。

丁寧に、色鮮やかに創りあげる作品は、
印刷物とは違う1つ1つが個性を持ったオーダーメイド。

この技術を確立させたモニーク・キャノン氏の尽力によって、
日本でも時折見かけるようになり、メニューボードのほかにも
ウェディングボードやインテリアとして徐々に広まりつつあります。

 

 

白墨堂では主に看板、メニューボード、ウェルカムボードや内装等の店内装飾、ウェディングボード、インテリア等の屋内装飾、ウェブデザイン用パーツなどを中心に制作しております。

これら以外にもチョークアートを利用できる素材・媒体は、お客様自身に決めていただくことが出来ますので、
お気軽にご相談下さい。

チョークアートとは
オイルパステルの新しい表現

What's Chalkart

白墨堂 チョークアート

©  Hakubokudo Yokohama  ayumi      画像・文章等一切の無断転載を禁止します。